軽キャンnew topics
(05/11)シニア車中泊 便利グッズ
(05/09)シニア夫婦+ペットで最適な軽キャンカーは?
(05/09) 「ONE PIECE」と日産「セレナ」がコラボレーションした自動車「サウザンド・セレナ号」
(01/26)横浜で軽キャンカーをレンタルする インディ てんと タビン ミニチュアクルーズ他
(09/24)マイクロバカンチェス・ひとり旅
(11/06)車中泊に徹した軽キャンパー  新MIXBOXは、シンプルゆえに変幻自在のインテリア
(11/04)乗り出し150万を切った軽キャンカー
(02/09)電気を使える軽キャンパー ミニチュアシリーズ SV ついにデビュー!
(10/12)とりあえずキャンピングカーショーへいこう!
(07/11)ついに出た!電気自動車の軽自動車キャンピングカー OKワゴン・ミニキャブミーブ号!
(05/19)軽キャンピング ティントはこだわった一体感のインテリアが大人の魅力
(04/29)ミニチュアクルーズはスタイリッシュな都会の軽キャン
(04/09)車を変えても変えなくていい車中泊マットを選ぶ!
(02/16)オフタイムトラベラーを楽天から問い合わせてみる!
(01/27)ジャパン・キャンピングカーショー2012  新車情報&軽キャンを当てよう!
(10/17)軽キャン タビンレンタルで屋久島を満喫する女子が増殖中
(08/25)車載用エンゲル冷凍冷蔵庫MD14F持って快適車中泊
(07/21)ちょいcamを100円でレンタル試してみる??
(07/04)これは便利!車中泊でも使える電子レンジ
(06/07)軽キャンキット遊楽デビュー!マイ軽自動車を軽キャンカーに変身させる技!
   
2010.10.20

秋キャンに備える

紅葉や温泉

秋キャンに すぐにも行きたくなる季節です。
まだ 軽キャンカーで十分ですが、これからの敵は(楽しみは)

寒さ

寒いと眠れません。

キャンプ場を選ぶときは 必ず 直火okな場所を選びましょう。
じっくりと焚き火にあたり 芯から体を暖めると
FFヒーターもいらないくらい ぽかぽかと体は暖かいままなものです。


我が家は いつも 車中泊で キャンプ場ではないのですが、
直火を起こすときもあります。

もちろん 来た時と同じように 平らにして 石もバラして帰ります。
でも朝来て まずやることが 薪集め。


夜用には河原に寝ている大木を みんなでズリズリと引っ張ってきます。
一晩で あらかた燃え尽きてしまいますよ

でもそんなことができない場所なら

最悪 こんな焚き火グッズもあると楽しいかもしれません。




車中泊のヒントが沢山載っていそうですね




ガレージライフ増刊 軽キャンパーサポートBOOK 2010年 11月号 [雑誌]

ガレージライフ増刊 軽キャンパーサポートBOOK 2010年 11月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2010/09/30
  • メディア: 雑誌



2009.04.16

今年のキャンプで欲しいのは・・

GWまじかになり、いよいよ本格キャンプシーズンですねーー


キャンピングカーイベントも
各地で開催されているようです。

やはり、一年で一番キャンプがしたくなるのが
この新緑の五月です。


是非是非、キャンピングカーがある人も無い人も
軽自動車のみの人も出かけて見ましょう!!

今年トライしてみたいのはコレ
スモークサーモンとチーズ、あとソーセージです。




あと、ハンモック。いまめちゃめちゃ安くなっているんですね






2007.05.07

ゴ−ルデンウィークキャンプ

GWも終わってしまいましたね・・。いまだ軽キャンカ−には届かない毎日ですが、恒例のキャンプに行ってきました。
DSCF0004.JPG
丹沢の奥地で、キャンプ場ではないのですが、荷を降ろして運べば出来る川原です。いつものお気に入りの場所は、さすがGWで、先客が一杯。しょうがなく、もう少し急な坂道を上り下りしなければならないところに、場所を決めました。

いつもの場所もかなりの坂で、道路に車を止め荷物を運ぶスタイルだったのですが、なんとその日は、軽自動車のパジェロミニとランドクル−ザ−が、無理やり、川原まで降りてきていました。

地形のとても良い静かなその場所は、すっかりオ−トキャンプ場状態に。少し残念な気持ちでした。


ところがです。案の定、帰り道、牽引車が山を登っていったので、見てみると、やはり大きなランドクル−ザ−は、最後の坂を上りきれず、引っ張ってもらう羽目に・・・!!
一番に出たその車は道をふさぎ、他のお客さんの足止めをしてしまっていました。

やはり、自然に対して無理をしては絶対にダメなんだと実感!
ごみも全部拾って帰ってくれたかな・・・。
軽自動車は難なく上ってきたようですね。

良い場所は、壊さぬよう、行政からキャンプ中止の措置がされぬよう、大切に使いたいですね。
2007.03.16

リアゲ−トキッチン

軽自動車キャンピングカ−に装備できるかどうかは、
わからないのですが、いいな、と思ったので、紹介します。

リアゲ−トキッチン(テ−ルゲートキッチン)
バンタイプのキャンピングカ−の後部に、収納力を持たせた台座を乗せその上に、二枚のコンパネで挟んだ、表面がステンレスの
引き出し式のテ−ブルを作ります。

ハッチを開け、イスを出せば、ミニカフェのような感じになるんです。やはり外ででランチしたい、でも大きなテ−ブル出すのも
面倒なんていう時の、いつでもどこでもランチですね。

ポイントは収納。食器や、コンロ、食材がすぐ取り出せるように、アイテム別に分けて収納。見た目はすべて、木製のすのこ
タイプだとナチュラルで素敵です。台座は、床に動かないように
固定することも必要のようです。

でも今、バンコンタイプの軽キャンカ−を見直しましたが、
やはりスペ−ス的に無理かぁ・・・。
2007.03.10

軽キャンカ−キャンプの食事

軽キャンカ−で、キャンプに行くと、設備がある分、
キャンプでなく単なる車中泊になりがちなんでしょうか・・・。

食事も簡単なカップ麺とかで済ませてしまう(済ませられる)
場合が多くなりそうですが、そこは、やっぱりキャンプ
キャンプの一番の仕事と醍醐味は、
食事ですよね。
軽自動車キャンピングカ−で心配なのは、
シ−トや設備の分どの位食材など、荷物がつめるのかということですね。

まあ荷物が少なくなるというための、軽キャンカ−ではあるけど、やはり、食べ物は必要で、
BBQをしようと思ったら、それなりの道具も要るし、
薪だけではおいしくないので炭もいるし。

yakiniku.jpgところで【日本バ−べキュ−協会】なんてのがあるのを、
知っていましたか?
なんでも、マスタ−制度まであり、検定試験を行っているのだとか・・・、さらに、日本テレビ「ぶっコギ!」
1/23放送分にて、タレントのほしのあきさん、

さまぁ〜ずの大竹さん、三村さんの3人が新たにバーベキュー
初級インストラクターに合格したんだそうです!!

いろんな協会があるものですね。でもBBQをさらにおいしく
食べるには、除いてみてもよいかも【日本バ−べキュ−協会】
2007.03.07

車中泊なら虫の心配いらない?

軽自動車キャンピングカ−があれば、あの夏場のキャンプの虫達から
開放されるかと思ったけど、寝るときだけでしたね・・・(笑)

夏場の川べりのキャンプは、とっても気持ちがいいのだけど、悩まされるのが、ブヨと蜂。

ブヨは、足元に服の上からでも刺してきて、ケアをしないとひどいことに。一週間は、赤みが取れません。
蜂は、子供とクワガタをとりに行くと、必ず遭遇しますね。
蜂がいるところに、クワガタはいるんです。

まあそんなところでは使えませんが、強力なものが出たみたいです。
巣を見つけたときなど遠くから吹き付けても効果があると
か・・・。
<プレスリリース>フマキラー、「ハチ・アブ ウルトラジェット」を発売
2月27日16時56分配信 毎日新聞
20070227-00000012-maibz-ind-thum-000.jpg

今夏は常備しておくかな
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000012-maibz-ind
2007.02.28

車中泊・・・どこで?

憧れの車中泊!!
でも、どこで?

軽キャンカ―が欲しくて、あれこれ調べていくうちに


車中泊は、道の駅で。というフレ―ズが、とても多くて、気になりました。道の駅で、宿泊して気持ちが良いのか疑問です。
またオ−トキャンプ場なら大丈夫ですが、
私がキャンプに行く理由は、人ごみと離れたい!自然の中にどっぷりと使って好きなことをして、時間をつぶしたい。

今までのキャンプは、さすがに初めてのころは、しばらくオ−トキャンプ場に行きましたが、こつをつかんで、山登りのベテランたちと行くときには、キャンプ場には、行ったことがありません。

場所を選ぶポイントは、上質の水がある場所 川原になります。

fujiki13.jpg

夏場は増水の危険が非常に高いので、慎重に選びます。
あらかじめ前のキャンプのときなどに、場所を調べておくことが多いいです。

道路から、緩めの傾斜で、車で川原まで降りていける場所を探します。急傾斜の場合は上に車を止めて、荷物を運びます。
だから、自然と荷物は少なくコンパクトになりました。

当然電源はありませんので(持ってくる人もたまにいましたが、
音がうるさいです)
ほとんど一日中焚き火を炊いています。基本的に明るいうちに
やることはやってしまいます。

軽キャンカ-を保有した後のキャンプは、また変わってくるのでしょうね。でも基本的に、人ごみには行かない、自然は汚さない。

車中泊が出来、ギャレ―やいろいろな設備があり、また便利グッズも多く出ているので、ついつい頼ってしまいそうですが、

工夫すれば、ものが無くても、何でも出来る精神は、軽キャンカ―を保有しても変えたくないですね。